写真をクリックすると拡大写真が現れます

2017/01/14
■オリンピックの聖地 ・ ・ ・ ・

 

2020年開催の東京オリンピック、
利権をめぐっての争いが絶えない。



オリンピックイベントは
IOC委員会が開催地を仕切る。
誘致活動の段階で、
色々と不透明さが拭えない。



サッカーのワールドカップとかも
開催地の誘致活動で
巨額の金が動いている模様・・・・



オリンピック委員会の
役員に成ること事体に
金に纏わる疑惑が付きまとう。



スポーツ精神に全く逆行する
利権争いが起きている。



東京オリンピックも、
最初の誘致活と如何に纏わる
金の流れが不透明なまま・・・・



新国立競技場建設に纏わる
ゴタゴタ劇があった。
そして、五輪エンブレムから始まり
会場建設のだらしない結末・・・・
スポーツを愛する者にとって
残念なニュースだ。



純真にスポーツを楽しむ
大衆から遠い所での争い事、
巨額の税金の無駄遣い・・・・



過去のオリンピック開催地では
狂騒曲のその後において、
負の遺産で苦しんでいる。
余にも巨額の経費が掛かりすぎる・・・・



開催地をめぐっての
汚い金の話しや
その後の自治体の財政苦・・・・



オリンピックの終わった後で
国民が負担の重さに苦しむなら・・・・
「オリンピックを止めたら良い。」



4年ごとに開催地を選び
世界の都市で繰り返す
オリンピックの狂騒劇・・・・


こんな馬鹿な事を繰り返していたら・・・???
手を挙げる都市が
無くなってしまう。



小池都知事の想いは
オリンピック開催に
ひとつの問題を投げかけている。



オリンピックは、
オリンピック発祥の地
「ギリシャで行うこと」・・・・
何の不思議でもあるまい。



開催地の誘致活動や
役員選挙での駈け引きも
一連の利権も無くなり
真のスポーツの祭典が
行われる。



ギリシャは、
オリンピックの整地と化し、
「スポーツの祭典が
世界平和に寄与する。」
オリンピックは原点に戻れ・・・・


今までの様な
4年に一度の利権争いと
馬鹿げた争いを止めて
「スポーツ精神の原点に戻る」



こんな発想は、
狂気だろうか・・・・????


 

 


2017/01/13
■年度末 ・ ・ ・ ・ ・

 

年度末の作業が溜って来た。



我が地域は
国道163号線の拡幅事業で
用地買収が行なわれている。



毎年、耕作者と面積が、
年度ごとに目まぐるしく変わる。
そのつど、耕作台帳を書き換え
新しく更新する。



公図と工作者と耕作面積と
遺漏の無いように書き換えるが
難儀なのは、突然売買や耕作放棄
そして、代理の営農が起きてくる。



その度に、台帳の書き換えと整理、
そして、歩金の請求をする。
お陰で、地域内の農業事情は
把握する事が出来る。



中には、世代替わりの登録も
別人の場合もあり、
水利組合には何の報告も無い。
いちいち確かめなければならない。



水利の役員任期は、
2年となっているが、
縁の下のボランティア作業も、
結構な負担になっている。


 

 


2017/01/12
■国家 の指導者は  ・ ・ ・ ・  ・

 

韓国の慰安婦像が設置された事で
日本の抗議の意思として
駐韓大使を一時引き上げた。



お互いの国家間における約束事
信義をもって実行する事は
大切な事である。



大統領が、
総理大臣が変わったから
前の政権の約束事は
「知りません。」では、
国の統冶を信用できない。



アメリカの次期大統領が
前政権の政治約束や
国家間の条約や法律を
否定するかの様な発言を
平気で繰り返している。



パホーマンスで口撃をして居るのか・・・??
もともと、無責任なのか・・・?
それとも、政治を知らないのか・・・??
国民も世界も迷惑している。



一人の国家元首・・・
突然現れた独裁者・・・・
過激な政治団体の為に、
世界が戦争や飢饉に晒された事が
歴史に記されている。




世界の常識と反する発言、
個人的な思いを発信するトランプ氏、
大統領としての品格を持ち
責任ある政治の継続をお願いしたい。




過激な発言が、オモシロイ・・・・
云い難い事を、代弁してくれる・・・・
大統領の仕事ではあるまい。


 

 


2017/01/11
■米大統領 ・ ・ ・ ・

 

オバマ大統領が退任の挨拶をした。



新しい米大統領は、
まだ、就任していないのに
ツイッターで呟き続けている。



一国の大統領としての呟きは
世に与える影響は大きい。
其の事に認識が薄い。
品格がまるで無い。
一般常識さえも疑う。



口撃が激しいのも
彼の特徴だ。
米大統領として・・・・
不安が拭え切れない。
その取り巻きは・・・・???



そんなトランプ氏を
米国民が選んだのだから・・・・
病んだアメリカが見えて来る。
ネット社会の裏と闇
典型的なネット社会現象だ。


戦後70年続いた平和・・・・
アメリカの負の部分
インターネット社会は、
嘘もデマも何でも有りの世界だ



今までの様に社会の常識も
統制も縛りも出来なく成っている。
無責任と自由奔放に成って、
拡散していく。



便利なツールであり
世界が身近になったが、
危ない罠が底此処に伏せてある。



子供や孫が被害に会わない様に
情報の罠と氾濫の中を
四捨選択していかなければ・・・・
危ない・・・危ない。
美味い話しは、魔のささやきである。


 

 


2017/01/09
■小池塾 ・ ・ ・ ・

 

東京都の小池知事が
政治塾を立ち上げた。



今年の都議会議員選挙に
塾生を立候補させるとか・・・・
都政改革に本格的に取り組むらしい。



その小池塾生の選抜試験があつた。
長蛇の行列がで来て
思わぬ盛況だった。



過去に大阪でも、
同じ様な動きがあり、
「維新の会」と言う政治団体が出来た。
大阪に限っては元気が良いが・・・・



急拵えの政治団体の危険さは、
選抜試験や面接の過程を得ても
人格を疑うような人物が
必ずいるものだ・・・・



どの政治団体も会派も
急成長する過程では
必ず通過する現象だ。



小沢チルドレンから
小泉チルドレン、
そして、橋本チルドレンと続く。
いまは、アベノミクス現象・・・・



ずっと観察してみると、
ブームに乗って当選した
即席メン政治家達は、
永続するのは至難伎、
次の選挙が本番で
有権者から試される。



親の地盤を引き継いだ政治家
地方議員から育った議員は、
其れなりの基礎票があり
薄く広い支持層が
出来上がっている



チルドレンと云われる
新人政治家たち・・・・



始めは当選しても
4年後・・・・
貴方の背中、発信を注視している。
声も顔も出さないけれど・・・・
有権者は観ている。



4年の間、
何人の方とお会いしたか
話を聞いて頂いたか
発信したか・・・・???
握手と会話の回数が
票と成って現れる。



頭の回転が良いから
当選できるとは限らない。
蓄財が多いから
必ずしも有利とは限らない。
地域の有権者が多いから
必ずしも当選は保証されない。



時代が変っても
選挙制度が変っても
基本の中心は揺るぎない情熱
ドブ板選挙と云うのは
そう云うこと・・・・



真実の想い、情熱があれば、
自然と湧いてくるのが
選挙運動であり選挙戦だ。



今回の、小池都民ファースト候補者
多方面から、悦材があつまるだろう。
始めは良いとしても、
次に何人残れるか・・・???



政治の世界は厳しい。
しかし、遣り甲斐のある仕事だ。


 

 


2017/01/08
■世情 ・ ・ ・ ・

 

つい最近、知り合いの同業者が倒産した。
廃業した会社もある。


若い頃は、
「◎◎◎が倒産した」
と言えば裏社会の看板が出て。
債権処理を牛耳り
他人の不幸を食い物にしていた。



今は、弁護士が毅然と対応し、
債務者の人権を守ってくれる。



しかし、法的処置をし、
弁護士が債務処理をしても
元、経営者・家族に取っては
不幸な出来事である。



倒産の原因は、
色々なパターンが有る。
放漫な経営・・・・
萎縮している業種・・・
過当競争の業界と・・・・
様々な原因の結果がある。



景気の良い時には
「苦難の時代に備える。」
其処まで考えが及ばなかった・・・??
二代目に在りがちな
経営姿勢が多い。



私の目線から見て
羨望の眼差しで有った会社が・・・??
と、思う会社ばかりである。
何で・・・・???



「やっばり、打ち出の小槌は無なった」
楽をして金儲けの秘訣は、
決して有り様が無いと言う事。



ひと時の栄華は、
人間を駄目にする。
宝くじを射止めた後に
普通の生活が出来るか・・・???



多分、私ならダメだろう。
数億の金が手に入れば
気が多くなり、散財の果てに、
いずれ乞食に成るのは見えている。



お金の魔力は
古今東西を問わず
昔からの言い伝えに成っている。
お金の為に
喜んだり、苦しんだり、迷ったり
喧嘩したり、・・・・
( 私は、づっと、苦しみ続きだが。)




顔を見、背中を見て
商売するのではなく
値段で判断する世情が
私は感心できない。



しかし、
世の中には、
神様が住んでいて、
見て見ぬ振りをして
ずっと背中を見ている。



仕事に真面目に働けば
食べるくらいの事は
何とか成るものだ。



神様を信じて、
今更、焦らずに、
今年も一年を・・・・


 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ