写真をクリックすると拡大写真が現れます

2014/09/01
■ブルーベリー ・ ・ ・ ・ ・

 

藤蔓で覆われた農地を整備しています。
個人の力では及ばないほど一面の藪状態です。



藪の中には色々な農具が放置されていて
草刈作業も大変でした。
大勢の力で何とか農地の姿が見えてきた中から
ブルーベリーの木を発見・・・・・



地主さんに連絡して
ブルーベリーの実を採らせていただきました。
大きなボールに満杯です。
思わぬ副収穫でした。



以外にも発見した事・・・・・
実を取る事の大変さ・・・・でした。



小さな虫やゴミを洗い
ジャムを作っている最中です。
しばらくの間は、朝食のお供になりそう・・・・



一度荒れると後戻りできない程始末の悪い荒廃農地
独りではどうにも成りませんが、
数人で取り組めば数の力・・・・・
どんなに荒れていても立派に蘇ります。

 

 


2014/09/01
■地元貢献の命題 ・ ・ ・ ・

 

8月31日は京都府の防災訓練の日だった。
精華町も川西小学校校区で防災訓練を催した。



精華町全域の消防団が集まり
小学校校区内の自治会が
防災訓練に参加した。



精華町建設協会も重機を使っての参加、
大型土のう積みの訓練だったが
訓練の時間を待たされて
退屈する場面もあり緩んでしまった。



訓練の進行や内容が参加者に知らされなかった。
何を何処でしているのかさっぱり・・・・・???
反省会の場で、今後の運営・進行を討議して欲しい。
指揮・命令系統と広報の再考をして欲しい。



防災訓練に想う。
いざ、予告無く突然に災害に襲われた時
建設業者の何社が地元貢献できるのかと・・・・???
道が寸断され・近所で被災者が多く出たとき・・・・
当人の家族や家が被害者になる場合もある。



一刻を争う緊急事態に建設業者として役立てるか・・・?
わたしの会社は、精華町では最低ランクの格付けだが
緊急資材の備蓄や重機も機材も常に備えてある。
効率の悪い無駄な投資や設備も在るのも事実
お金儲けだけが企業の存在意義とも想っていない。



土曜日だから・・・日曜日だから対応出来ません。
そんな土建屋には成りたくない。
誰かが困って来た時は役に立つ。
社会の役に経ってこそ、地元企業の存在意義もある。
それ位のプライドを建設業者として持ってほしい。



写真は、会社の資材置き場、
常に資材の備蓄は欠かさない状態です。

 

 


2014/08/29
■とりあえず目の前の課題を ・ ・ ・

 

衰えつつあった筋力が回復しつつある。



この夏の激しい労働で
体重が5キロダウンしたためか・・・・??
贅肉が落ちた分痩せた感じもする。
久しぶりに会った知人が、
「少し痩せた・・・??」と尋ねられる。



体調は至って順調だが
いつも筋肉痛と眠気が溜っている。
「もう少し寝むたい・・!」・・・
そんなこの頃である。



雨か多い毎日で、
梅雨明け後のほうが雨は良く降っている。
日本各地で災害が起きるほどの大雨だ。



「大和平野は、聖徳太子の時代から
おおきな災害が無い・・・・」
古老が言っていた事を思い出す。
広島市や京都北部地方、四国の山間部・・・・
日本列島は災害列島だ。



夕方のわずかな時間を見つけては
畑の準備に暇が無い毎日
ひとつ一つ、仕事が片付いていくのは
気持ちも晴れ晴れする。



折角耕して作った畝に
草が生えては勿体ないので
マルチシートで覆っていきます。


何を植えるか・・・???
予定も決まらないままに・・・・
きょう出来る仕事を片付けています。

 

 


2014/08/25
■川が汚れている ・ ・ ・ ・

 

ボランティア草刈の最中ですが・・・・・
数年前から気になる事例が・・・



山田川の支流ゴンタニ川上流に
民間の不動産屋が開発したミニ開発
浄化しないままの下水が垂れ流しなのか・・・???
そのミニ開発からの水が山田川に
流れ込んでいる現場の写真です。



農業用水の取水口には
汚れた泡が立ち集まっています。



行政区域が違うため、
如何いう方法で取り組めば良いのか・・・???
いま、思案中です。



開発をして宅地を売るだけの業者の結末・・・?
新しい開発に伴う家庭排水の行く末は、
文句を云うにも相手が居ない・・・?



農業を営む者にとっては、
清潔な水源を確保したのは、
みんなの願いです。



河川環境を守り次の世代に渡すのは
今の私たち世代の責任です。
なんとかしなければ・・・・・

 

 


2014/08/24
■バカバカしい水かぶり運動 ・ ・ ・ ・

 

アイスバケツチャレンジ運動と云うのが
有名人の間で賑わっていると云うが・・・・


私自身は、バガバカしい騒ぎだと感じている。
難病の認知度を上げ、寄付行為を求めるらしいが
運動推進している方は、
「あくまでも個人の自由です。強制では在りません」
と云っているらしい。


指名された有名人は人気商売である。
慈善運動を断れば何かと後々のことが気になる。
指名を受けた有名人は、
「俺も世界の有名人の仲間」と、自己満足・・・???
他人の深層を巧みに利用した運動に嫌悪感を覚える。
私は、別な方法で社会参加をしたい。



配慮に欠ける思いつき行動に疑問を持ちつつ
何でもかんでも話題性があれば、
飛びつくテレビ報道も安っぽすぎる。
社会の公器という事を忘れないで欲しいものだ。



アイスバケツチャレンジ運動だけが難病でもない。
誰かの無責任な運動に悪乗りする義務も無い。
世の中には多種多様な病気や貧困がある。
個人個人の立場と想いで、世の中に尽くせば良い事で
指名されたから冷たい氷水をかぶる必要もない。


ずっと昔、不幸の手紙と云うものを貰って
いやな思いをした記憶がよみがえって来た。

 

 


2014/08/23
■畑仕事 ・ ・ ・ ・

 

今日は精華町が主催するクリーン作戦の日でしたが
先日の大雨被災現場の立会いや相談事があり
不参加でした。



何十年も無欠席で続けて来ましたが
地域の急く事態が出来たためでした。
役員の方に電話して不参加を詫びました。



午後から昨日の夕方に耕した畑で
畝を作り野菜の植え床作りに精出しました。
暑さのため、30分働いては休み
その繰り返しです。
「もう一つ心臓が欲しい・・・!」
そんなハードな作業です。


大根の植えるところ・秋ジャガの畝
これから冬に向かってが野菜作りが
美味しいところでしょうか・・・



これで、やっと植え付けが出来ます


写真は、野菜畑の畝作りと
農作業で出て来た石類です。

 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ