写真をクリックすると拡大写真が現れます

2017/02/17
■地域の仲間つく り・ ・ ・ ・

 

昨日、16日は、地域防災団体の
研修日でした。



午前中は、
京都市民防災センターで
防災意識の研修でした。



京都と云う大都市の施設は
建物も中身も濃いものです。
人気施設なので
「中々予約が取れない」
と言う事でした。



午後は、平等院へ足を運び
仏教寺院の宝蔵、
美術物に触れ、
心の洗濯が出来ました。



平等院の庭園では
冬季の手入れが真最中・・・・
寒肥や剪定等の為に
植木屋の車が見られました。



美しい庭園を保つ為に
相当の費用を注いでいる様子・・・・



バスの中、食事の折には
野菜造り談義など
他愛の無い会話が弾みます。



普段は忙しく
顔を合わせない方も居られ
久しぶりの雑談・・・・



無駄とも思える雑談と時間・・・・
無理の無い仲間との付き合い。
地域のコミニケーション作りには
何よりの時間です。



いざと云うときは
地域の助け人として
立ち上がる仲間です。


 

 


2017/02/13
■◎◎委員会の ・ ・ ・ ・ ・

 

今年は、農業委員を自薦・他薦で
募集している。



その他でも、時々
諮問案件について、
広く意見を募集している。



原則は選挙であるが
実際は、何期にも亘り
選挙が無い農業委員会選挙・・・・・
全国的な傾向らしい。



選挙が行われずに
数十年来続いて来た事は
組織の腐敗と沈滞が生まれた。
慣例に従い・・・・・



組織とは、そう云うものだ。
行政から渡された資料を
鵜呑みにして「賛成・・・・???」
僅か、一時間程の審議で終わる。
それが、委員会の実態である。



ただ、日にちをムダに送り
将来に向けての議論も見られない。
そして、同じ方が・・・・
何十年にも渉って・・・・
農業の活性化を担う彼らが
地域農業の衰退を
見過ごして来ては居ないか・・・・???


「前例を踏襲する」
そんな想いで仕事をしては、
刻々と替わる時代においては
罪である。



何が問題かと云えば
視点の違う意見や
反対意見が見られない事が
大問題である。



議事録には、「全員賛成・・・・!」
どんな議案にも
違法性を指摘される事案も
「全員賛成・・・・!」を
ずっと繰り返し続けて来た。



時間と公金を使って
「全員賛成・・・・????」
そんな、委員会が存在する。
彼らは、その異常さに気付いていない。



身内と仲間が集まる審議会は
こんな程度のレベルである。



意見の異なる人は
危険人物・・・・・???
委員会を混乱させる・・・???
そう云う固定観念と
身内意識が
組織を崩壊させている。
それは、過去の歴史が証明している。



今までに繰り返されて来た
数々の重大汚職事件
すべて、身内意識で成っている。
危うさに気付かない。



町内にある数々の委員会・・・・
身内同士の意見集約で
「全員賛成・・・・」は、
恥ずかしくないですか・・・???



反対意見が聞かれない。
問題提起が出て来ない。
税金と時間の無駄遣いです。
もう一度振り返って見ては・・・???


 

 


2017/02/12
■議員の資質 ・ ・ ・ ・ ・

 

精華町にも国会にも
不適切な方、能力不足を問われる議員が多い。



今の国会では
金田法務大臣だ。
法務大臣と云う立場も
責任も判って居ない。
国会答弁も出来ないダメ男・・・・



つぎは、稲田朋美防衛大臣。
国の安全を担う
国防のトップが能力不能では困る。
人格形成も経験も
未熟なままのオトナ・・・・



防衛大臣が
極右的な政治思想も問題である。
文民統制の歯止めが危うくなる。
そして、国会答弁もヒヨコだ。
勉強をして居ない事を
自ら示している。


過去には、
田中直樹防衛大臣が居た。
国会答弁を見ていると
腹が立つって絶望した。



能力のない議員が
順番や政治力学で
大臣になった悲劇だ。


国の未来を左右する
重要な法案審議で
大臣が未熟な事は
国民の不幸である。



大臣の選任責任を問われ
支持率が落ちるので
罷免できない。
安部総理の痛いところである。



罷免される前に、
自ら進退を決めて欲しい。



稲田防衛大臣は、
自信がない為か・・・・?
信念がないボンクラ娘なのか・・・???
何であんな議員が
重要ポストに付いたのか・・・・???
何らしかの裏が在るのだろうか・・・??



金田法務大臣もしかり・・・・
全く何も知らないホボンクラ・・・・
頭デッカチで、使い道が無い。



かっては、民主党政権時に
「私は、死刑反対です」
そう公言して、
法務大臣になられた方が居た。
しかし、法治国家の法務大臣である。
私事と大臣の職務を
混同しては困る。
「法務大臣が法を守れない。」・・・・?



民主党政権が崩壊したのは
大臣や総理が
右往左往して
未熟さを国民に見せた。



一つひとつの小さい事の
積み重ねが信頼を失い
致命傷になって行く。




誰でも過ちは犯すもの
人間であれば・・・・・



しかし、隠蔽し、ウソを言えば
過ちや失敗は許されなくなる。



さて、精華町は・・・・・
大儀に生きる事を
忘れてはいまいか・・・・?
組織や立場を守る為に・・・・


それをチェックするのが、
町会議員であるが
私達住民は、
議員を選ぶとき、
議員の資質・正義感、
人間性をチェックしているか・・・???



町行政を審議・チェックするのが
町会議員・・・・
その町会議員をチェックし選ぶのは
私達、町民であるから・・・・



親戚や地元も大事だが
何が精華町の為に成るのか・・・・
よくよく考えて
投票しなくては
いつまでも未熟な議員が選ばれる。


 

 


2017/02/09
■地域自治の責任 ・ ・ ・ ・ ・

 

今日は朝から雪が舞っていた。



水分が多い雪のため
道路に積雪はなかったが
芝生や水田は
一面に真っ白の雪景色だった。



小さい子供達は
雪景色に大はしゃぎしていた。
雪だるまが作れる程でもない。



数年前、
夜中に突然大雪が降った。
見事な雪景色に歓喜したが
農作物の被害が大きかった。



雪の重みに耐えられず
ビニールハウスが潰れた。
中の農作物も寒さで全滅した。



降雪の経験が少ないご当地は
大雪時には混乱する。
片屋根式のカーポートは、
雪でへし折られる。
ハウスは倒壊してしまう。
道路沿いの樹木は倒れて道をふさぐ・・・・


雪に不慣れなご当地は、
大混乱を起す。
大雪は、数年に一度程度の確率で
突然振ってくる。



天気予報では、
明日、明後日と雪が降ると云う。



さて、わが地域では
降雪の予報が出れば
自治会の役員さんが
坂道に融雪剤を散布してくれる。
本当に頭が下がる想いだ。



自分達の地域や産業を
守り育てる事は
行政だけの責任ではない。
地域も意識を持って
手を繋ぐ事が大事・・・・



今の自分達が
無責任な事をすれば・・・・
何年か後に、
子供や孫に返って来る。
良い事も・・・悪い事もだ。



地域の衰退も繁栄にも
責任を持って職責を貫いて欲しい。



今日は、そんな想いがする
事件に出くわした。


 

 


2017/02/06
■議長交際費 ・ ・ ・ ・

 

議長交際費の使途について・・・・



近隣自治体と精華町議会
議長交際費の使途が
目的外に当たるのでは・・・・???
そんな想いが以前からあった。



其の件については、
精華町当局に
(本来は議会議長に言うべき)
ご意見を申し上げたが・・・・
何ら、その後の動きは無いまま・・・・



木村要精華町長の
交際費については、
自腹で世間のお付き合いをし、
限りなく節約されている。
敬意を申しあげたい。



(本来は必要な金は
公金を使うべきで
透明性があって良いのだが・・・)



精華町長として
体面を保ち
円滑な自治運営を保つ為には
相当の経費が掛かっている。
もっと公明盛大に
交際費を使うべきと思う。



お金に余裕の在る無しに係わらず
其のほうが、
余計な心配を持たれなくて済む。



このままだと、
次の精華町長も
ポケットマネーで
交際費を捻出しなくては
成らなくなる。



精華町議会議長の
交際費の支出は、
見当違いの使い方だ。



地方自治の二元制を
理解して居られない。
議長交際費の使途が
不透明である。



住民監査請求に
耐えられるのか・・・・???
精華町議会として
議会で話し合うべきだ。



精華町議会は、
学研都市と言いながら
議員の資質・意識は
30数年前と変わらない。
田舎のままである。


公職選挙法違反も考えられる。
選挙区の住民に対し、
「公金で選挙運動をしている
悪いヤツ」・・・・・
そんな事を言われかねない。



精華町議会議長が
町民を代表して
町職員の慶弔時に
香典や供花を出す必要があるのか・・・・???



そもそも、議会人は、
住民から選ばれた代議員である。
議会人の目は、
行政に媚を売るのではなく
行政の監視や議決にある。



住民の側に立ち
住民目線で行動をする
それが議員本来の姿である。



早く言えば、
議長は、役場職員に
公金を使って慶弔費を支払う事は
議長の職ではなく
目的外の使途であり、
違法の疑いがある。



町長の立場と
議長の立場は、
違う事を理解せよ!



づっと、見続けていると、
議長の交際費の支出は、
役場職員だけではなく、



退職して、10年近くなる方や
議長の同級生や
アルバイト職員にまで及ぶ
元、職員に、議会議長が
慶弔費を支出する必要はない。



精華町長は、
職員の身内が亡くなれば、
丁重に慶弔の意を表すのは
許されるべき社会通念と思う・・・・



しかし、議会議長が
職員や嘱託職員にまで
公費を使って慶弔費を出す事に、
他の議員は何も考えが
及ばないのか・・・・???



議長は、
他に交際するべき場所
議長としての体面維持に
公金を使うべきだ・・・・



もしかして、
議長本来のお付き合いや
体面を保つ為に、
議長のポケットマネーを
使って居るならば・・・???
早急に改善しないといけない。



お祝い事の会費や
ご招待された席の寸志
業界、団体のお付き合いも
かなりのお金が要ると思う。



自腹で費用捻出すれば
何がしかの無理が行く。
そのお金は、
何処から出しているの・・・???



議長交際費の使途基準が
曖昧なままが悪い。



議会議員の中から
言い出せない事情があるのか・・・・???
私には、推し量る事は出来ないが
議長交際費が公開されている。



精華町住民が見れば
葬式だけが
議長の交際費とは
異様であり恥ずかしい。



 

 


2017/02/05
■議員報酬 ・ ・ ・ ・

 

五月に町議会議員の選挙が行われる。



其の前に、
議会議員の報酬見直しについて、
木村要町長より
諮問委員会に計られた。



諮問委員会の議事録が
公表されたので拝読した。
諮問委員会のメンバーは
必ずしもその道に精通した者ではなく
各種団体の中から選ばれた感じ・・・・




討論の中身を見ると、
地方議会の基本を
まったく理解していない方、
違法な意見も述べられている。



配られた資料は
住民には判らない。
透明性。公平性が隠された侭の
情報公開である。



配られた資料に拠っては
議論も視点も変わって来る。



諮問会議とか委員会等は、
行政に都合の良い・・・・????
フィルターが掛けられている。
そして、人選も行政サイドで
構成されている。



住民から、
「議員歳費を上げろ!」
と言う意見や陳情は
議会に出されては居ない。



議会議員が
「生活が苦しい」とか、
「生活出来ない」等の意見は
議会人の甘えであり
覚悟を持たないで
先生になった甘さである。
議員としての甲斐性がない。



私は想う。
そもそも、議会議員は
「住民から選ばれた者」と云うが・・・、????
住民から請われて成った方は少ない。
議員に成る資格試験制度も
行政の知識も蓄えた知識もない侭に
自ら手を挙げて立候補している。
(未熟な人格のまま・・・・)




その際に、
議員は住民に甘い言葉で
抱負・公約を掲げ
選挙に臨んでいる。



「皆さんの、お役に立ちたい。」
「地域に恩返しをしたい。」
「議会で働かせてください。」



当選すれば、
口が渇かないうちに
「生活が苦しい」・・・
「生活出来ない」・・・と云って来る。



選挙公報版には
立候補者の
ご立派な約束が見られた。
「化粧をして本性を隠している。」



さて、議員になって、
議会質問が「棒読み」
質問書の「漢字が読めない」・・・???
議会質問も中身も貧弱
欠席も多い。



議会情報等を観れば
精華町は財政が厳しいので・・・・
数々の答弁の中に
財政難と云う文言が見られる。



中学校の給食実現も
数々の施策の延期も、
財政が困難であるからと
住民の要望を先送りしている。
財政難を理由に
言い続けている。



そんな中で、
「議員報酬を挙げよ!」とは、
住民の要望よりも
議員の生活費補填が
優先事項なのか・・・・????
非常に理解に苦しむ。



毎日が議会と云う訳でもない。
自分の生活費を
賄う手立ては
議員個人の工夫と責任だ。




議員の遊び金、
派手なお付き合い
そのお金まで
住民が保障出来ない。
議員歳費は、
議員の生活費の
補填では無い。





尤も、有能で熱心な議員は、
働きに見合う報酬が少ないと
思う議員も居るが・・・・・


 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ