写真をクリックすると拡大写真が現れます

2015/04/20
■畑の土の改良を ・ ・ ・ ・

 

明日は雨、と言う事で夕方に畑に出て
この秋に植える野菜畑の畝作りです。



苦土石灰を入れた後
鶏糞を入れて攪拌しました。
その後、籾殻を入れて土壌改良をと・・・・
ふわふわとした土になりました。



強い粘土質の畑は
土が固まってしまい
雨のときは泥になり
乾くとレンガの様に硬くなり
とても始末の悪い土質なのです。



今すぐ野菜苗は植えられませんが
夏を過ぎて秋頃には
良い土に替わると思います。



せめて5日・1週間の間
晴れ間が欲しいこの頃です。

 

 


2015/04/19
■米の値段 ・ ・ ・ ・ ・

 

今年も稲作のシーズンが始まった。
農業用貯水ダムの点検をし、
水利施設の見回りもした。



今夜は、水利組合の総会もある。
国道163号線の拡幅工事のため
多くの農地が買収区域に含まれた。



国道拡幅工事のため優良農地が減って
地域の農業経営面積が縮小して行く
担い手が一人去り・二人減りとなって行く。
施設の維持管理費が
残った者の肩に重く圧し掛かる。



機械が故障したとき・・・・・
水路の維持管理も残った者
続けていく農家の負担となる。
ただでさえ苦しい農家経営なのに・・・



米の値段が年々下がりつづけ
農家は採算割れ米作りを続けている。
このままだと、何年続けられるか・・・???



私自身も、耕作不可能な農家の水田を預かり
荒廃農地をこれ以上作らない。
そんな思いで米作りを続けているが
息子の代には止めなければならない。
善意で耕作放棄地を止めようと
頑張ってはいるが・・・・



TPPの決着しだいでは
他所の農家の水田の守は諦めなければ・・・・



これ以上の米の価格が下がる事が
悲しく思い、涙したくなる。

 

 


2015/04/18
■畑作り ・ ・ ・ ・

 

もう少し乾いてから・・・・・
そう思っても、又、雨が近いと云うので
ハクサイとキャベツの跡を片付け
トラクターを入れました。



寒冷紗やマルチシートを片付けて、
(案外これが大変なのです)
苦土石灰を撒いて、トラクターで攪拌し
一週間ほど寝かせます。



堆肥と有機肥料を鋤きこみ
マルチシートを掛けておわり・・・
5月の連休明けに
野菜苗を植え込みます。



数が多いので
苗は種から育てます。
ホームセンターには、
野菜の苗が並び始めました。


 

 


2015/04/16
■統一地方戦挙 ・ ・ ・ ・

 

統一地方選の第一ラウンドが終わり
次の地方選が間もなく始まる。



今回も民主党の凋落ぶりは目を引き
大阪市ではゼロ、
大阪府では議席数1に終わった。



知事選では、与党に相乗り選挙が多く
緊張感もなく低投票率に終わった。
戦う前に白旗を降ろし
与党、自民党と公明党に相乗りした知事選だった。



民主党は政策も主張も論点も・・・・
覇気も元気も無く低落状態のまま
政権交代の時の高揚感は過去のものに成った・・・・???



地方の地力が無いのが気に成る。
根っこが張ってない民主党の末端・・・・
我が街も党の動きは判らない。



地元の商工業者との付き合い
ボランティアへの参加・・・・
地域との関わりとか等々
どれを取っても、民主党は見えて来ない。
戦う政党では無くなっている。



労組に頼っていれば安心・・・??
競争とハングリーの無い所に
未来は見えて来ない。
党の看板で選挙が勝てる時代ではない・・・

 

 


2015/04/15
■地球温暖化 ・ ・ ・ ・ ・?

 

日曜日以降、毎日雨が降っている。
日曜日にトラクターを入れた畑には
水溜りが出来ていて何も出来ない。



当然仕事も半分休業状態で
モヤモヤした気分の日が続いている。



雨のふる中、カボチャの苗を移植した。
植え痛みが少ないので
曇りや雨の日は好都合なので・・・・



今年の天気は、ずっと雨が多く
異常とも思える日々が続いている。
水田は常に水が溜り
畑は鍬を入れる間が無い。



云われている様に
地球の温暖化なのかと・・・・
テレビでは良く聞く言葉だが
実際に我が身に掛かって来るとは・・・・?
産業や経済優先の国づくりが
公害や温暖化・原発事故を招いている。
少し我慢してでも、
平和でゆっくりとした生活がしたい。



この雨降りで水が増している山田川では、
河川の補修工事が雨の中で続いている。
4月20日頃には農業用水ダムを
立ち上げる予定だが・・・・・
もう少しの時間しか残されていない。


もう少し早く段取り出来なかったものかと・・・・
業者は必死で頑張っている。


 

 


2015/04/13
■統一地方選前哨戦に ・ ・ ・ ・

 

統一地方選挙の第一戦が終わった。
投票率は過去最低になって
現職首長や議員が当選した。



地方議会では、
不祥事の多い後だっただけに
何かの変化が見られるかと思ったが
問題のあった議員が
難なく当選している。



我が相楽郡の府議会議員選挙も
現職の二人が当選した。
新人二人は、組織力・知名度に
力が及ばなかったのか・・・??



政務調査費の不適切使用で
全国版に載った議員も
組織力と知名度でなんなく当選している。
兵庫県議会でも
税金の無駄使いを指摘された
自民党議員が当選している。



まあ〜・・・
有権者が判断したのだから・・・・
以後、どんな不祥事を起こしても
税金を無駄遣いしても・・・・・
文句は云えまい。



これが日本人の良い所なのか・・・・???
危機感も責任感も無い有権者・・・・
「有権者のレベル以上の議会は育たない」


何処かの町も議員の提案は皆無、
オール与党議会体制だ。
行政のチェック機能を望むのは無理



私が行政の不備を指摘した折は
議員から脅迫的な言動を受けた。
その議員、借金を踏み倒したままに・・・・
貸した方がバカなのか・・・???
一言説明が欲しいものだが・・・・
そんな議員が当選して来る。



無能な議員が多数決を組み
オール与党体制では、
議会の本来の機能など
望むのが無理なのかも・・・

 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ