写真をクリックすると拡大写真が現れます

2014/09/18
■10年前に ・ ・ ・ ・

 

果物は豊作と裏作がありますが
今年は、果物の大半が豊作みたいです。
それも、中途半端ではありません。



柿の実が成りすぎて摘果しました。
これも実が重くなりすぎて
枝が折れてしまいました。



ミカンも滴果してミカンの量を調整しました。
それでも、実が大きくなるに連れて
枝が垂れ下がり地面に付きそうです。


栗もミカンもブルーベリーも
実の成る物は全部豊作の様です。
気候の影響なのか・・?
気に成るところです。



10月の末には、
甘くて美味しいミカンが取れそうです。


これも、10年前にミカンの木を植えたから・・・・
何事も、自分で行動しないと何も変化が起きません。
初めに一歩前に踏み出さないと・・・・・


 

 


2014/09/16
■開発行為のあと ・ ・ ・ ・ ・

 

本来なら開発業者の責任だと思うのですが・・・?



古い民家を取り壊し
低い宅地を地上げして開発した宅地
家を建てた建売住宅の現状です。
今のところ入居者はございません。



民地と官地の間に排水路を作りましたが、
地上げした分は道路幅が広くなりました。
しかし、舗装がしてありません。



この様な事例は・・・・・
開発行為の為に生じた事ですから
開発業者が舗装をすべきと思いますが・・・・?
長い間、砂利道のまま放置されています。



土日になると、国道が渋滞するため
地域の中を猛スピードで通り抜けします。
カーブで出逢い頭に急ブレーキでもかければ
オートバイや自転車は転倒して怪我もします。



自治会長に其のことを指摘し
対策を取って頂きました。



このまま、放置すれば有耶無耶になり
開発行為の尻拭いを自治体がする事になりません・・・??
適切な開発指導は出来ないものでしょうか・・・・?

 

 


2014/09/13
■試し堀 ・ ・ ・ ・ ・

 

孫たちが二人来て忙しい・・・騒がしいこと・・・・



昨日から我が家は保育園です。
俄か保父が付きっ切りで手が掛かる。
パソコンも携帯もカメラも・・・・
早速、パソコンがフリーズしてしまった。
書き込みが出来ないので
別な手法で対応中です。



珍しいもの、目に入るものには
何にでも手を出すから目が離せない状態
危険なもの・怪我をしないようにと・・・
これが、子供の成長なのだと思い
見守ってはいるが・・・・・大変な役割である。



先日は、ヤマノイモの失敗で気落ちしていたが、
もう一方の場所で作ったヤマノイモを試し堀した。



掘り取りの労力を省くためにと
雨樋を使って栽培していたが
ヤマノイモは樋の形状のままに
扁平の形で成長していた。



まだ、掘り取り時期は早いので
今回は2個だけにして後の楽しみに・・・

 

 


2014/09/12
■間違った報道は ・ ・ ・ ・ ・

 

知らず知らずの間に固まっていく思考・・・
毎日見るテレビ報道や新聞記事・・・



朝日新聞の報道に事実と異なる報道があった。
後からわかって来た事だが、
これが其のままだったらと思うと・・・
報道機関は社会の公器としての責任が重い。



私は、ヘソが曲がっているせいか
報道されたことに対し距離を置いて斜め読みする。
一方的な情報は事実を確かめてもみる。
反対意見も読んでみる。



だから、私が発言するときは、
裏を取って証拠がある事実のみしか発言しない。
インターネット発信で事実無根は罪である。



同じ記事を報道し解説するにも
読売と産経は政府方針を後押しする形の報道が多い。
反面、毎日や朝日は批判的な報道が多い。
どちらが正しいかは受け取る読者の判断・・・・


過去には国の方針に従って世論を作り、
戦争の片棒を担いだった罪もある。
「報道規制や記事の検閲など締め付けが厳しかった」
言い訳も事情もあったと察するが
そこに至るまでの過程で、
報道機関の役割が問われる。



報道機関は批判も込めて中立であって欲しい。
事実の捏造と誤報道は罪深い。
真実以外の報道で世論を騙してはならない。



社長が自ら謝罪会見をしたが少し遅かった・・・?
生まれ変わって欲しい。
韓国の慰安婦問題は、何処に行くのか・・・?


 

 


2014/09/11
■秋が迫って来た ・ ・ ・ ・

 

仕事の段取りが悪いのか・・・?
いつも追いかけられている毎日・・・



9月の中旬になると一気に秋が押し寄せてくる
早生の稲が黄金色になり稲刈りが始まった。
農協の自家野菜の店先に栗が並んできた。
間もなく甘く熟した柿も出て来そうです。



最近の果物屋の店では
季節感が無くなってしまったが
里山は昔のままの姿が順序を追って秋になる。



8日のお月見は、まだススキの穂は出ていなかった。
暦だけがお月見の季節を告げていた。
一月遅れのお月見の頃は、
秋の果物が出回り食欲をそそる。



大根やハクサイなど
冬野菜の種蒔きや水遣りに忙しい毎日だが
山田川の管理道路(散歩道)には、
彼岸花が咲き始めた。
南向きの道路は、北側より一週間ほど早く咲く



木津川市の美加ノ原地域では
彼岸花が野原を真っ赤に染めて咲く。
秋の哀愁を誘う光景に出会える。
 

 


2014/09/9
■秋の夕暮れ ・ ・ ・ ・

 

夕方の6時半には日が沈んで暗くなるのが早い。
秋の陽は、つるべ落としと云われる。


お月見も過ぎて
たんぼの稲穂が日に日に黄色くなり
畑の中も秋の様相を表してきた。



日が沈むと涼しい風が吹き
残暑で暑苦しかった頃とは
辺りの景色も変わってきた。



食欲の秋にはまだ早いが
梨が店頭に並び秋刀魚が安くなった。
昨日は、サツマイモの蔓を刈り取り
いつでも芋堀りが出来る準備をした。
畑のお土産に、キュウリとゴーやを持ち帰った。
毎日、数本のキュウリが取れる。



涼しくなった分、夕方は体が楽になった。
遅くまで畑仕事をし、
空腹に成ったので家路についた。



毎年、同じ季節に同じような事を繰り返し
年月を送って行く・・・・・


 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ