写真をクリックすると拡大写真が現れます

2015/03/31
■3月も終わりですが ・ ・ ・ ・

 

急に暑くなって来た月末
体が悲鳴を上げている。



天気が良いのは有難いが
いきなり真夏日では体調も狂う。


孫の通う保育園でも
体調を崩して休んでいる子が多かった。
鼻水を垂らし、咳き込んでいた孫も
久しぶりの保育園に行った。



小さな子供は、
気温変化や流行の病には弱い。
病み上がりで登園すると
他の子供に病気をうつすので
あまり進められない。



そういう私、
三日ほど前から体調がすぐれない。
背中に疲れがのしかかっている。
サロンパスを張っても
完全には治らずに咳が出てこまる。



むかしは、こんなこと無かった・・・
歳のせいにしてため息を付いている。


陽が長くなったので
5時に仕事が終わっても日は高い!
しかし、体が云う事を利かないのは
やっぱり歳のせいか・・・・???




体が云う事を利かなくなった分
小言が多くなっても周りが迷惑・・・・・

 

 


2015/03/30
■業者のレベル ・ ・ ・ ・??

 

写真は、水道工事跡のコンクリート舗装です。



一つは、水道工事後のラインに
コンクリート舗装を行いましたが
目地材が見受けられません。



真ん中の写真は、
道路舗装の目地に合せ
伸縮目地が設置されています。
したがって、一つの法則の下に
コンクリート舗装が仕上がっています。



コンクリート舗装は、
温度変化を受けて
伸びたり縮んだり、
そういうものなのです。
中の鉄筋も追随して
伸縮を繰り返します。



宅地のコンクリート擁壁や
石垣にも一定の間隔で伸縮目地があります。
宅地造成工事などでは
目地の位置で美観も左右されます。



公共工事では、
請け負った業者によって
美観や品質まで差が出ます。
避けなければ成らない事ですが・・・・



「みんなの税金で作る」
この意識が薄いと、
無関心のままに粗悪品が出来て行きます。

 

 


2015/03/25
■気の毒な消費者 ・ ・ ・ ・

 

東洋ゴム工業の免振ゴムに不正があり
深刻な社会問題になっている。



大規模な地震の時に
免振ゴムによって建物の揺れを防ぐ装置だが
性能試験の段階で資料改ざんがあったとか
当社の製品を使った建築主は気の毒な・・・・



最近は、日用品の類も
不良品が見られる。
安物の代名詞と云われる
外国製の雑貨類などは
信じられないほど安い。



しかし、安かろう、悪かろうでは・・・・
安心して物を買う事も出来ない。
企業の利益の為、一時の金儲けの為
人は誘惑に負けやすい・・・・



お金を払わずに
欲しい物が手に入る万引行為・・・・
高額納税者には誘惑が走る脱税・・・
見えない所での手抜き工事・・・・



汗を流さずに得られる利益に
弱い心は負けてしまう。
其処に居合わせた方が不幸なのか・・・・?
選んだ消費者が不運なのか・・・?



私達の仕事でも、
見えないところ、隠れる所では
個人差が出てきてしまう。
とことん追求するのか・・・・
どうでも良いから適当なのか・・・



手抜きをする者は
充分な予算でも、いい加減な仕事だし
真面目な人は厳しい予算でも
責任ある仕事をする。



万引をする者が貧しいとは限らない。
脱税する者が金に困っていない。
高い地位の人、偉い人が
人格が備わっているとは限らない。



役所は性善説に基づいて書類を預かる。
役所が悪いのではなく
それを知って、不正を働く人が悪い。



不正で得た権利や利益は
厳罰をもって取り上げないと
何時までも不正が後を絶たない。
 

 


2015/03/24
■孫の悪戯 ・ ・ ・ ・

 

パソコンが動かない。
孫がパソコンを悪戯したらしい



あれこれと試行錯誤のうえ
何とか復帰しました。
一日パソコンが使えない為
書き込みが遅れてしまった。



向上心は嬉しいのだが
何にでも手と口を出すには閉口する。
「魔の二歳と言うらしい。」




反抗期と好奇心と自立と・・・・
保育園に通い始めてから
まもなく一年になる。
広場で遊ぶ年上のお兄ちゃんが
憧れらしい。



鉄棒や滑り台砂遊びなど
遣りたくて、いつも囲いの外から
身を乗り出して見ている。



自宅の椅子で鉄棒の練習
縄跳びの真似は、
まだ、跳ねられないので
片足を挙げてポーズ・・・・



小学生に為るころには
鉄棒も縄跳びもボール遊びも
私が遊び相手になって・・・・
その歳まで元気で居られるか・・・???


 

 


2015/03/20
■机上の行政 ・ ・ ・ ・

 

我が社は40数年の間、精華町の水道工事に関わってきた。
水道の仕事で家族を養い従業員の仕事を確保してきた。



水道事業の創生期には、
重機のなかった時代だったが
昼も夜も祭日も問わず
24時間体制でご奉仕して来た自負があった。



「社会に役が立っている。
精華町の水道を裏で支えている。
そんな喜びを感じながら・・・・」
その間に色々な紆余曲折があったが
歴代の首長と話し合って
理解を得てきた。



しかし、今の町長になってから
様子が一変して来た。
信念と云う物が見えない。


誰にでも愛想は良いが
声の強いもの、大きいものになびき
自分の汗を流してまで重荷を背負わない。
信念がないから、
大過ない方向に流される。



行政を担う上で、いつも抵抗や抗議、
そして声高に叫ぶ者が現れてくるものだ。
何処の自治体にもある。



よほどの信念がないと、
それらの声に押されて流される。
信念が在れば、苦難も成し遂げられる。
信念が弱ければ、強いものに流される。



一つの事例を言えば、
精華町水道事業は(下水道も同じ)
町内全域に給水し、各家庭の生活を守っているが
必ず、故障や事故がつき物なのだが、
その対策や責任は放り出している。



何かの事故や故障が発生すれば、
水道業者組合員に振り向ける。
しかし、水道業者組合員は、
採算に合わない修理を押し付けられる。
(役場からの紹介です)電話主は言う・・・
突然の電話・・・・
その日の都合も仕事の段取りもある。



役場からの紹介と言うが・・・・
精華町には数百軒の水道工事店があるのだが・・・・?
その大部分の水道工事業者は
利益が出る新築の工事はするが、
修理や突然の事故には対応する義務も無い。



数年前までは、精華町と阿吽の呼吸の下に
緊急時の修理当番体制を敷いて、
住民サービスの対応に当たっていた。


しかし、現町長になってから、
組合と行政とは別々の道を歩んでいる。
実態を知らない者が
机上の議論で行政を行うと
こんな結果になると云う事だ。



隣町の木津川市や自治体では
住民サービスに対応するシフトを組み
突然の事故や故障に対し
行政と水道組合が手を握って
住民サービスを行っている。



木津川市では、
一定の入札や軽微な工事は
緊急工事のサービスをしている業者
または、社内体制が整い
設備や職人の確保、機械設備など
緊急工事が出来る業者に限り
入札に参加OKの条件付きの入札を行っている。



精華町は、「建設業の許可を取っていれば
誰でも参加出来ます。」
一見、透明性が在り、
公正な入札制度と見えますが
職人の確保も、機械設備の有無も問わず
誰にでも参加出来るシステムは
声の大きい者、政治力の強いものになびく
無責任な逃げ出しの方法と云えます。



落札した業者が工事をするのでは無く
工事費のピンハネトと工事の丸投げを助長し
本来の専門業者の衰退に繋がるのです。



365日、修理当番体制を組み
住民サービスを行って来た業者も
修理道具の一つも持たない者も
同一の土俵に上れるのです。



何の相談も意見交換の場も無く
何十年に渉って汗を流して来た者を無視し、
机上計算で行っている。( 実態を全く理解していない )



水道が漏れている・・・・
修理をして欲しい・・・・・
突然懸かって来る見知らぬ方からの電話・・・
住民に何の罪も落ち度もありませんが・・・・



今の行政の遣り方では
私は、心から喜んで走って行けないのが本心です。
でも、知り合いからの要請には
何をおいても段取りはしていますが・・・・

 

 


2015/03/19
■今日は大雨 ・ ・ ・ ・

 

昨夜から激しい雨が降っていて
山田川は洪水状態です。



今日は、コンクリートの打設予定日でしたが
雨の為に仕事が出来ません。
次の日は、生コン会社の都合で
予定が一杯とのことでダメ!



土曜日は祭日で工場が休み
次の日は、日曜日で仕事が出来ません。
あれやこれやで、雨が多いため
仕事が4日も先繰りになる事態でした。



今年は、異常事態な程に雨が多すぎます。
その中でも、工期が在り
次の仕事の約束日が迫って来るのです。



でも、意志を持ってすれば
何とか道は開けてきます
いつも助けてくれるのは
取引関係の会社や同業の仲間です。



今回も、同業者に骨を折っていただき
窮状を乗り切ることが来ました。
土曜日の祭日に、
生コンクリート打設の運びと成りました。

商売の中でいつも感じるのは、
強い立場の者が偉いのではなく
「下請けの会社や職人に支えられて
我が社が回って行ける」と云う事です。



仕入先との信頼関係も
一つのポリシーを持って対応しています。
数社から見積もりを取って
一番安い所から買い叩く・・・・
現代的な経営感覚かも知れません。
目先の利益は良いでしょう。



それでは、信頼とかは生まれないと思います。
「金の切れ目が縁の切れ目・・・・」
良い時は人が集まるけれど
風向きが変わって来たら
離れていく関係しか生まれません。



私は、自分の能力を知っていますから
拡大路線を取りません。
社員が仲良く働き、食べていければ
それで良いと思っています。



前に進むだけの手法は、
何かに躓くと転落の道筋です。
他人様に大きな迷惑を掛けます。
家族や社員が受ける苦痛も
考えねばなりません。


良い時は殿様でしたが
ひとつ傾くと他人様に
迷惑を掛けて夜逃げする。
今までに数多くの場面を
見て来ましたから・・・・



派手なパホーマンスは要りません。
何時までも小さい会社のままです。


でも、いつも上を向いて
職人のプライドは失いたくありません。
金儲だけの為に、自分は捨てられません。





 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ