写真をクリックすると拡大写真が現れます

2015/09/03
■これからの社会問題 ・ ・ ・ ・

 

自分の財産は主張するが
「管理責任はお放せ」では困る。
そう云う田畑が彼方此方で目に付く。



草が茂るばかりで
水路も塞がったままの耕作放棄地
雑草は生えたままで
ゴミも捨てられている。



折角の良い場所の農地が
利用されないままに放置されている。
みんなは・・・・・
どんな目線で見て通るかは知らない。



暑い中、で四つん這いになって
泥を挙げて水路の管理をする。
時間を見つけては草を刈る。
誰の土地なのかも知らない。



何処の地域でも、
そう云う場合に遭遇する。
耕作放棄地もそうだ。
イノシシや他の良からぬ事を招き
地域のストレスを作り出す。



此処にいたるまでには
色々な言い訳も主張も在るだろうが
結果、近所迷惑な事は
世間様に迷惑を掛けていることと成る。



個人の努力の限度を超える場合も・・・・?
経済的な処置が出来ない場合など、
いろいろの理由が在るだろうが
それだからと云って
免罪符が与えられた訳でもないだろう。



放置廃屋k問題も
空き地の管理も耕作放棄地も・・・・
全国で深刻になって来た。
これからの自治体の頭痛の種に成るだろう。



持ってさえいれば、
土地・家屋は財産と云う時代は過ぎた。
持っている限り維持費のかかり続ける
負の資産である。



自分で管理が行き届かない財産は
少し早めに処分すれば
高値で売れたのに・・・・?
そんな事例も過去にはあった。



「時期を誤ったために買い手もない」
そんな結果になってしまった廃屋もある。



手に余る物を持つ事の悪例は、
決断の無さと欲の取り違えが招く。
地域の迷惑物に成る前に
監理のできる方にお譲りし
有効な利用を図る手法が
社会への恩返しでもあると思うのだか。



全国で問題になりつつ在る空き家と荒地
耕作が放棄された農地郡・・・・・
社会の構造が変わって来ているのだ。



精華町も例外ではない。
町長や議員や地方官僚たち
何を考え何を想うのか・・・・???

 

 


2015/09/02
■五輪エンブレムの中止 ・ ・ ・ ・

 

東京オリンピックの公式エンブレムが突然中止になった。



私、個人的にはこれで良かったと思う。
早い時期に決断できたから修正が出来るし、
モヤモヤ感を引きずりたくない。


今までに何度も疑惑の声が聞こえ
その後も、不適切なことが繰り返された。
そのたびに、私たちは不愉快な想いを抱いた。
なぜか、ハッピーではなかった。



国立競技場の建設でも
同じようなことが・・・・・



一部の権力者が面子で作り上げた案・・・・
結果、誰も責任を取らない侭に・・・・・
多額の税金と時間が無駄遣いされた。



時間がない。開催に間に合わないと言い切り
当初案をかたくなに守って
既成事実の積み重ねで逃げ切ろうとした関係省庁



安部政権の支持率低下に加速がかかる案件から
白紙撤回に追い込まれた。
其の過程が不透明で責任者は不在・・・・??



今回のエンブレムの決定から
一連の騒動も・・・・・
選考過程もその後の対応も
何処と無く説明が不十分で不透明・・・・・



一度決めた事の
面子と組織と責任を守るために・・・???
返って火傷は大きくなって
恥を掻く結果になった。
その間に使った諸々の経費と税金
火消し対策に注いだエネルギー・・・・



まったく、先進国の行政とは思えない
釈然としない格好の悪い事件だ。
せっかくの国民の祝賀ムードも
ごたごた劇で台無しだ。



役所が面子や既得権益を守るばかり
かえって恥を掻いてしまったドタバタ劇・・・・・
はやく、次の方向を見つけ、
ハッピーなオリンピックの準備をしたいものだ。

 

 


2015/09/01
■9月1日  ・・ ・ ・

 

今日は防災の日だった。
低気圧の影響で
秋雨前線が暴れて混乱していた。
各地で防災訓練があったが
一部では、本番の災害が起きていた。



8月も1日は雨で始まって
縁起が悪い月始めだった。
月の初めの日に大荒れの天気は
気分が優れない。



突然の大雨が襲って
山田川のダムは総崩れとなった。
昨夜、ダムを立ち上げたばかりなのに・・・・



野菜畑の見回りに出かけたが
雨の後は、畑仕事は出来ない


相当の雨量が在ったのか・・・?
河は濁り野道は荒れていた。
空は黒い雲が覆って居て暗く
何時、雨が降るのか・・・・?
不安な雨雲だった。



ハウスの中で、畑作りをした。
ここは、雨が降っても関係ないが
雨がキツイので、外に出られなかった。


数日前に蒔いた種は、
ボチボチ芽が出始めている。

 

 


2015/08/31
■自然の力と ・ ・ ・ ・

 

土曜日の夜に降った雨は大きかった。
山田川のフーセンダムは上流から
ドミノ倒しで倒壊した。



昔は、生態系も含め
自然が河川の姿だったが
宅地開発が進んだ今は、
全てが人工的に変えられた。



100年に一度の洪水にも耐えられる
その様な説明を受けて流域の者は納得したが・・・・



自然林から染み出る水は枯れ
少しの雨でも鉄砲水が出て
河川敷の砂は失われた。
自然林から砂の補給はない為
河床は掘れて護岸の基礎まで掘れている。



自然の力は、計算とは違う結果を連れて来る。
河床の護岸石は、砂だけが流されてしまう。



宅地開発が済んだ後の流域には
その様な現象が、其処此処で見られる。
計算とは違う結果が出て来る。



数万年を掛けて作られた自然の姿は
私達の知恵では及ばぬ域にある。
初めて気がつく自然の力かな・・・・

 

 


2015/08/30
■維新の党の未来 ・ ・ ・ ?

 

大阪の市長が元気すぎる。



「政治家を辞めます」と宣言してから、
その様子は、まったく感じられない。
そして日々のいう事がコロコロ変わる。



維新を支持して投票した方は
この先どうなる事かと
一抹の不安を感じるだろう。


時間を掛けて基礎作りのときに
いう事が変り向う先が何処やら・・・・
今が、維新の将来に大事な時期だ。
長い視点で我慢も必要なと思う。


幾百万の意見と考えがあり
夫々にシガラミも過去も持っている。
橋本さんの行動力・突破力には敬服し
そのエネルギーには期待もするが
もう少し大人の対応が欲しいものだ。



折角大きな夢を持って
維新の議員に成ったが、
親分が不安定では、子分はたまらない。



十人居れば10の考えが在る
それを取り纏めるのも親分の仕事だ
「俺が気に入らないから・・・・」
離党だの辞めるだの、
別な政党を作るでは
遠くで見守っている私らは
どうしたら良いの・・・・??

 

 


2015/08/28
■ゴボウの種まき ・ ・ ・ ・

 

週末に雨の天気予報を受けて
野菜の種蒔きを手掛けています。



芽の出が悪いゴボウやニンジン
種蒔き時期のハクサイ・・・
急速に畑の模様が変わっていきます。



自然の雨は全体の湿気や気温も含め
野菜の種にとっては目覚めの条件が揃います。
カンカン照りの日に水遣りをしても
直ぐに乾いてしまいます。



自然の雨は、一日中シトシト雨ですから
自然の仕組みには勝てません。



今まで放置してあった草を引いて
石灰を撒いて耕して数日間・・・・
元肥を鋤きこんでマルチシートを掛け
穴を等間隔で空けて
種をまいて・・・・・



一日に少しづつ、片付けています。
みんなから遅れていましたが
猛烈に追い上げて・・・・
夜の遅くまでかかっての畑作りです。



気温は、大分涼しくなりました。
苦しいような暑さはなく、
日陰に休めば心地好い風を感じます。



あと、一週間で
畑の様子は、秋になります。
稲が大分頭を下げて来ました。

 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ