写真をクリックすると拡大写真が現れます

2016/02/08
■インターネット社会 ・ ・ ・ ・

 

今日は、半日が無駄になった。



一つは、建築関係の専門書探し
何処の本屋へ行っても、
それらしき本は見当たらなかった。



もう一つは、急に入要になった
建築関係の資材・・・
特殊な材料の在庫が消えつつある。
経費を極限まで削る
今の経営姿勢が在るのだろう。



何処の店を歩いても
探しても、旅行や趣味や
育児や教養の本ばかり・・・・



専門書は、仕方なくアマゾンで
インターネット注文をした。
手続きの時間5分
受付のメールは数秒間・・・・



時代が完全に変ったのだ。
我々の業界も(特に私は)
時代に取り残されてしまった。



昔人間は、自分の手の職を信じ
時代が変った事を、良しとせず
いまだに受け入れられないで
今の世の中を嘆いている。
昔の良き時代を懐かしむだけ・・・・



個人商店が苦戦する訳が判る。
夜中でも日曜でも
インターネットで探し物が出来る
文書のやり取りも
プログの書き込みも出来る時代だ。



電車で出向く時間も
探し回る手間も時間も要らない。
そして早い。



この現象を良い方向で
笑って受け入れるのか・・・???
人情や人間関係が希薄に成った事を
嘆くのか・・・・???



私自身は、
人間関係が希薄になり
浪花節が消えつつある今を
悲しく思う人間である。

 

 


2016/02/06
■誘惑に負けた ・ ・ ・ ・

 

元プロ野球の有名選手が
麻薬の保持疑惑で逮捕された。



報道から推察すれば、
現役中から麻薬の魅力(力に)
頼っていたかも知れない。



スーパースターであり
野球界の表街道を走り続け
超破格のギャラを頂き
傍目には、羨ましい限りの
立場にあった筈だ。



贅沢すぎる収入と地位は
何不自由の無い生活環境だった。
自分の能力を過信し、
周りを見下した
傍若無人の振る舞い。



何かを勘違いしていた。
時が経ち友人が去って行った。
その事で、私生活が荒れ、
麻薬に手を出した事は
彼の甘え体質でしかない。



花道街道だからこそ
落とし穴も誘惑も寄ってくる
一人前の男なら、自己責任である。
精神的に未熟なままの大人、
一躍有名人になった
喜劇の物語であろう。



周りの友人の忠言にも
聞く耳を持たなかった彼が
辿り着いたのは牢獄だったとは
何とも言い難い結末だ。



逮捕されたのは
神の思し召しと感謝し
立ち直って欲しいと願う。



恩になった野球人や家族
皆のために頑張ってほしい。
これから先、まだまだ長い道のりが在る。


 

 


2016/02/03
■節分 ・ ・ ・ ・

 

今日は節分の日、
また一つ、季節の節目を迎えました。


昔からの言い伝えで
鬼の居ない間にと・・・・
今年、普請をする家は、
節分の日に場所取りをします。



屋敷の大きな木を切ったり
鬼門と云われる場所の
地形を変えるときは、
節分の日に土をいじります。



今日は、近々に工事の予定場所の
生垣の木を切り倒しました。
鬼の居ない間の場所とりです。



節分の日に何件も出来ない場合は
スコップ一杯の土
屋根瓦一枚を取り払うとか
儀式みたいな事で対応します。



また、お家では
家内が巻き寿司を作るために
朝から大わらわでした。



孫が、豆まきを楽しみに
待っていた節分でしたが
鬼の面が恐いと言って大騒ぎです。



ご近所の方から
節分の日にと豆菓子を
頂きました。
こちらの豆菓子の方が
喜んでいました。


節分にちなんだ
色々な遊びとご馳走で
楽しい一日でした。

 

 


2016/02/02
■介護家族の悩み ・ ・ ・ ・

 

徘徊老人が鉄道事故を起こしたため、
鉄道業者から多額の賠償を求められた事件の裁判が
最高裁判所で始まった。



徘徊老人の介護が
いかに大変な事かを
JRは認識しての裁判なのか・・・?
法律の解釈以前の問題だろう。



法律的な落ち度を
介護の家族に全部負わせるのは
公共交通事業者として、
器を大きく構えて欲しいものだ。



介護者の僅かの落ち度を
法律論で追い詰めて
その先に何を求めるのか・・・???



最高裁判所の寛大な判決が求められる。

 

 


2016/01/30
■サッカーの決勝戦 ・ ・ ・ ・

 

サッカーの試合を見るため
早く風呂に入り待ち構えたが
いつの間にか眠ってしまった。



この頃は床に就くと
直ぐに眠ってしまう。
テニスの試合も、
真夜中の試合は、
眠ってしまって
試合が終わった後の
ニュースで結果を知る。



歳をとった事の証である。
自分では、まだまだ若いと
想っていても、
体は正直なのか・・・???



韓国とのサッカーの試合は、
前半に2点をリードされて
日本のピンチから見始めた。



韓国選手の気迫は
尋常ではなく闘志をむき出しで
過敏な程に緊迫した試合だった。
「日本には負けたくない!」・・・・
そんなコメントを出した選手も居る。



戦時中に虐げられた事を
戦後70年経っても心に刻んでいる。
色々とあった事は認めるが・・・
隣人同士が、
何時までも過去を引きずる事に
如何なものかと私は思う。



その当時の世界情勢も
アジアのおかれた立場も
在っての事だろう。



過去の事をひきずるよりも
建設的なお付き合いが
出来ないものかと・・・・
特に、スポーツの世界では・・・


スポーツの試合で
過去の怨念を態度に出すのは
折角のスポーツ祭典が
気まずくならないか・・・???



スポーツ精神を生かし、
スポーツを通じて、
仲良く生きて生きたいものだと思う。
特に次世代の者には
隣人として交わって欲しい。

 

 


2016/01/29
■生き方 ・ ・ ・ ・

 

朝から雨が降り続き、
止む事がなかった寒い一日だった。



畑へ行くも、何も出来ずに
見回りだけで帰る。



こういう日は、
お茶を飲みに知り合いを回る。
旧知の友人や同業者
さては、臭いのする家も・・・・



必ず、仕事に結びつくものである。
地元で、50年も事業を続けていれば
そういうものなのである。
生活の助言や手助けなど・・・・



何処の家も平穏に見えるが、
屋根の下では、
色々と悩みも問題も抱えている。
私などは、悩みの塊みたいなもの・・・?
今は、それを通り越してしまった。


お茶のみの大前提は、
正直な生き方をして来た事、
後指を指されない生き方が
前提条件である。



一時の金儲けの為に作った
友人関係は、
何かが在ると縁が切れる。
その様な縁で結ばれている仲間は
お金が掛かるものだ。



稼ぐ以上に、経費が掛かる。
これを「交際費」と呼ぶらしい。
私は、交際費「ゼロ」の男である。
それでも50年間、仕事を続けて来た。



その代わりに、いつも貧乏で、
「お金の苦労から逃げられない。」
上手な泣き言と、世間は言うけれど、
生まれた時から
金の苦労で泣いてきた私・・・・



大風呂敷もいらない。
大もうけも無理だろう。
ならば、少ない入りを
大切にして繋いで行くしかない。

 

 

前ページ  TOPページ  次ページ

 

 
                                                              
--- Copyright 2007 fujiwarakoumuten. All Rights Reserved. ---
プライバシポリシー お問い合わせ トップページへ